あるてぃまおんらいん
大和シャードに移住したアルティの日記です。UOと犬、たまに小説など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
【自作小説】想いはただ一つ(途中投下)
想いはただ一つ

 辺りを暗い木々に覆われ、レイスやガーゴイルといった様々なモンスター達が蔓延る地に私は住んでいた。
この地は人の住む町が近いが、ネクロマンシーと呼ばれる死者を操る魔法を使う者達が研究の材料を"調達"しに来るぐらいで、比較的に住みやすい地であった。
そう、最近までは。
近頃、人間どもが頻繁に住処を荒らしに来るのである。
その度に蹴散らしてやっているのだが、一向に収まる気配がない。それどころか日に日に増えている気がする。
(牽制の為にも、一度思い知らせてやる必要があるのだろうか―)
 そんな事を思いながら、開けた場所にある高台から月を見上げていた。今夜は満月である。月が満ち、多くの光を優しく地上に降り注ぐ。
月の光が辺りを柔らかく包み込み、枯れ木に覆れ底知れぬ闇を呼び寄せるこの地さえも月明かりによって幻想的な雰囲気を醸し出す。
「――綺麗だな」
背後から声が聞こえた。彼がここに来ている事は気配で分かっていた為、別段驚かない。
独り言のように聞こえたそれに対し、何も述べる必要はない。
「あぁ…」
そっと息を吐き出すかのように呟いて瞳を閉じた。
すると土を踏む音が聞こえ、彼が横に並んで静かに溜め息をついたのが聞こえた。
「どうした?クライス。今回は戻ってくるのが早かったな」
そう言って隣に並んでいる同胞のクライスを見上げた。
彼は艶やかな漆黒の体毛をもつナイトメアだ。同類である私よりも遥かに体格が良い。見れば隣にやって来た彼の体も月の光を浴び、淡く輝いている。
クライスは体格が大きいだけあって、力も強い。例え本気で戦ったとしても彼に勝てる自信は無い。仕方がない事とはいえ、それが無性に悔しい。
「あぁ、ちょっとな。気になる事があったから寄っただけだが、またすぐ出かけるつもりさ」
彼は気ままに吹く風に似ている。行動が読めず、絶えず様々な場所を駆けているのだ。
「そうか」
いつもそうやって急にいなくなり、いつの間にか戻ってくる。今更気にする事でもない。
それなのに。
「なんだ?寂しいのか?」
口元がニヤリと笑っている。
たまに帰ってきてはこの手の冗談を言ってからかってくるのだ。
「ふん、寂しいなどと思うようになれば自分に反吐が出る」
例え、この場所にいる同胞が私達しかいなくても気にする事もない。それがほとんど出かけているクライスがいなくなったとして、何が変わるというのだ。
本気で言っているにも関わらず、クライスは「クックックッ」と笑いを噛み殺している。
本当に、腹立たしい奴だ。
「まぁ、そう言うなよ。俺は寂しいぞ?何せ、お前の仏頂面が拝めないんだからな」
そんな事を言う割に、最近は特にここに留まっている事が少ない。
一体どこに行っているのか?
そう疑問に思い、聞いてみた事もあった。だが、返ってきたのは「美女探し」や「うまい物を探して」などという馬鹿げたものだ。
いい加減アホらしくなり、それ以来どこへ行こうが気にしない事にしている。
「ハッ、戯れ言を。無駄口を叩く暇があったら身体を洗ったらどうだ?ひどく汚れているぞ」
雨の中でも走ったのか、跳ね返った泥が身体の至る所に付いている。それに、漆黒の体毛により目立たないが血も付着しているようだ。
きっと、人や他のモンスターに襲われたのだろう。
一度人に慣れた者は、二度とこちら側に戻ってくる事は出来ない。裏切り者として忌み嫌われるのだ。
人の世界にもモンスターの世界にも居られないというのは、どれ程孤独なのだろうか―。
私みたいに、そんな事を気にしない者もいる。だが、極少数だろう。
「ぉ?確かに汚れているな。ちょっくら洗い流してくるとするか」
そう言ってその場を去っていく前に目が合った。それは長いようで短い沈黙。何か言いたそうに見えたのは気のせいだろうか。
だが、クライスは「じゃあ」と言っただけで踵を返して歩き出した。その後ろ姿を見送りながら私は、胸のざわつきに戸惑っていた。
言い知れぬ不安がそこにはあったが、きっと気のせいだとこの時の私は思っていた。



区切りがついたので一旦投下です。
続きが気になったら…まぁ、のんびーりと待っててやって下さい…w
次はクライス視点に移りまーす。
スポンサーサイト
【2010/10/01 22:08】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0)
【LUNA*LUNA】新作セット入荷しました。
3月のテーマは『春を待ちわびる蕾』です。
冬も終わり、穏やかな春がやってきました。
見渡せば、小さな小さな蕾が春の訪れを待っています。
色とりどりの蕾達。
ゆっくりと花開く花弁はまさに"可憐"の一言。
そんな蕾のように可憐なお洋服を3点入荷致しました。

<タンポポ>
2010_3_13_2.jpg

<桜>
2010_3_13_1.jpg

<スミレ>
スカートとエプロンを外せばミニスカでの着こなしも可能です。
2010_3_13_3.jpg

※各セットは、アクセサリーを除く4部位に秘薬低減-18%を練成してあります。

お求めの際は、大和ルナ西出口前LUNA*LUNAにお越しくださいませ。
【2010/03/13 13:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
LUNA*LUNA Present's LUNA COLLECTION 3rd memorial
lunacolle.png

ブリタニアの春は「ルナコレ」から始まる・・・

LUNA*LUNA Present's
LUNA COLLECTION 3rd memorial


SA(ステイジアンアビス)がもたらした新しい文化
人種やアイテム、錬成スキルや染色…
それらの新しい文化によって
ファッションの世界にも新たな可能性が広がってきました。

さぁ、新時代に足を踏み出そう!

今年のテーマは

   Let's begin the new epoch
~来たれ、新時代のファッショニスタ~



さぁ今年も「ルナコレ」を開催するよ~!
参加者大募集!&ご来場大歓迎です♪

新時代を担う新進気鋭のお針子さん!
日頃のセンスをお披露目するチャンスです。
(今年はLUNA*LUNAスタッフも出場するかもっ!)
たくさんのご応募心よりお待ちしております♪

<出場者募集>
お申し込み受付開始 1月18日(月)22:00より
お申し込み受付終了 2月21日(金)23:00まで
お申し込み方法 「LUNA COLLECTION 3rd Memorial」特設HP内
           応募フォームよりお申込ください。

<イベントについて>
ブリタニアで活躍されているお針子さんたちによるファッションコンテストです。
皆様お誘いあわせの上是非お越し下さい。
スタッフ一同、心よりお待ちいたします。

詳しくは「LUNA COLLECTION 3rd memorial」特設ホームページをご覧下さい。
http://bsoup.skr.jp/lunacolle2010/

Shop LUNA*LUNA のHPには過去の「ルナコレ」を紹介しています。
http://www.eonet.ne.jp/~lunaluna/


「ブリタニアの2010年代に捧げる、とっておきの一着」
ルナ・コレクションをお楽しみに♪
Shop LUNA*LUNA


今年もやってまいりましたルナコレ!
いやぁ、懐かしい…
思えば去年の今頃は、皆に背を押されぎゃーぎゃー喚きながらルナコレに臨みましたね…
その時出場されてた方々とは今でも交流があり、勇気を出して応募してみて良かったなーと思います。
そして今は、このルナコレを開催されているLUNA*LUNAのスタッフの1人としてお店で働かさせてもらってます。
そんな訳で!?
スタッフの1人として、応募者募集のお手伝いをしちゃいます~
詳しくは上のリンクの先を見て頂ければ分かりますが、大和にて裁縫スキル100以上(銘を入れてもらう為)が必要となります。
もし、別シャードの方で参加したいけど裁縫スキルを上げる為の資材が…って方がいましたら声をおかけ下さい。
ご協力しますよ^^
ちょっとでも興味を持たれた方は、上のリンク先に行ってみましょう~
LUNA*LUNAのサイトで、今までのイベントのレポートが載っています。
過去にどんなお洋服で応募されていたのか…
どんなアイデアが組み込まれているのか…
チェックしておくと有利かもしれませんよー?( *´艸`)

あなたのご応募お待ちしております!
【2010/01/20 23:21】 | UO | トラックバック(0) | コメント(3)
UO版密告中!今夜ギルド内で開催!!
密告中とは……

TV番組でやっていた賞金をかけたドキドキのゲームです。
それをUO版に改良されたものに、更に私もちょこっと手を加えてみました。

<ルール>
3桁の数字が書かれたスペルブックを手に持ち、自分の数字が他の人にバレないように気をつけながら他の人の数字を密告する。
制限時間はスタート開始から30分
その中でどれだけ多くのポイントをゲットするかが勝利への要となります。

<禁止行為>
・スキルの使用(魔法も不可)
・接近するプレイヤーの名前表示
・ペットやエセリアル生物への騎乗

開催場所はテルマーのロイヤルシティ(城壁の中のみ)
ter mar
周りの分厚い城壁の外側には出てはいけません。
このロイヤルシティにて死闘を繰り広げて頂きます。

まず、接近するプレイヤーの名前の表示は禁止なのでチェックを外しておきましょう。
settei1.jpg
そして、半透過は100まで許可しています。
100以上の数値は禁止ですからねー?

主催者から以下のアイテムを受け取ります。
item.jpg
・スタート地点へのルーン
・3桁の数字が刻印されたスペルブック
・お助けアイテム(潜伏薬3個とIncognito1個)

アイテムを受け取った人から、もらったルーンに飛んで下さい。
移動魔法を使えない人は、リコールスクロールをご用意しますので先にお知らせ下さい。
Recall.jpg
飛んだらその場を動かずにスタートの合図が出るまで待機して下さい。
ここで、先程受け取ったスペルブックを手に持って下さい。
spell book
この数字を他の人に見られないように気を付けなければなりません。(手から外すのは禁止)

ゲームがスタートしたら、移動開始!
他の人に見つからないように建物の裏や木の裏を利用しましょう。
kabeura.jpg
半透過してるので、建物が透けて見えます。
ただ、半透過すると木等は全部が透明になってしまうので注意が必要です。
kokage.jpg
遠くから見たらこんな状態になっているかも…w

他の参加者を見つけたら、相手に自分の数字を見られる前に相手のPDを開き数字を確認。
IRCで「○○さん、***(数字)。密告します!!」と発言する。
IRC.jpg
↑ずっと前にやった密告中の密告例
こんな感じにIRCで密告します。

数字が合っていれば2ポイントゲット!
逆に間違っていた場合はペナルティとして-1ポイント。


密告された人は失格となりますので、ゲーム続行権を失います。

が。

ここで新ルール!
失格者はゲーム主催者の元へ行き、スペルブックと交換でローブを受け取って下さい。
irubasyo.jpg
ゲーム主催者は中央の宮殿前にいます。
失格者は受け取ったローブを装備し、ゲームが終了するまで通報者としてまだゲームを続行しているプレイヤーを通報します。
通報者の役割は、密告ではなくあくまでも通報です。
プレイヤーを見つけた場合は、IRCで「○○さんが**にいます!」と通報する事が出来ます。(生存プレイヤーが通報する事は出来ません)
じゃんじゃん通報して、生存プレイヤーをビクビクさせましょうw
ただし!
同じ人が執拗に通報される事を防ぐ為、連続しての通報と尾行を禁止します。(別の人を通報する事は可能)


もし両者共に密告し、どちらも合っていた場合……
先に発言した方がポイントを得る。
先に発言した方の数字がバレてしまっているので、バレてしまった人はゲーム主催者の元へ行き新しい数字を刻印してもらって下さい。

途中、ゲーム主催者より指令とお助けイベントが発生します。
指令は無視すると失格となりますので、必ず指令に従って下さい。
お助けイベントは、その名の通りゲームを有利にするイベントです。
参加は自由!
やっておくと得になりますが、イベント遂行中は密告の危険性が増します。

ゲーム終了時にそれぞれの参加者の獲得ポイントを総計します。
獲得ポイント上位1名にはゲーム主催者より賞品が贈与されます。
頑張って密告しましょう!
【2009/12/26 13:30】 | UO | トラックバック(0) | コメント(2)
主題歌がストーリーを表す?
テイルズオブジアビスの主題歌を聞いてて、カルマがストーリーを表してるような歌詞だなぁと。
まだ当てはめれそうだけど、すぐに分かる所だけw


カルマ
♪BUMP OF CHICKEN
作詩:藤原基央 作曲:藤原基央

ガラス玉ひとつ 落とされた 追いかけてもうひとつ落っこちた
  (アッシュ誕生)        (ルーク誕生)
ひとつ分の陽だまりに ひとつだけ残ってる
   (バチカルの屋敷)   (ルーク)
心臓が始まった時 嫌でも人は場所を取る
奪われない様に 守り続けてる

(アッシュの居場所を奪う事になる)

汚さずに保ってきた手でも 汚れて見えた
記憶を疑う前に 記憶に疑われてる

(記憶障害だと思っていたのに、実際は記憶自体無かった)

必ず僕らは出会うだろう 同じ鼓動の音を目印にして
(アッシュとルークの出会い)
ここに居るよ いつだって呼んでるから
くたびれた理由が 重なって揺れる時
生まれた意味を知る

(ルークが作られた理由)

存在が続く限り 仕方無いから場所を取る
ひとつ分の陽だまりに ふたつはちょっと入れない

(同じ名前・同じ姿の2人を同じ場所に存在させる訳にはいかない)

ガラス玉ひとつ 落とされた 落ちた時 何か弾き出した
奪い取った場所で 光を浴びた

(誘拐されたアッシュの変わりにレプリカのルークが裕福な暮らしを)

数えた足跡など 気付けば数字でしか無い
知らなきゃいけない事は どうやら1と0の間


初めて僕らは出会うだろう 同じ悲鳴の旗を目印にして
忘れないで いつだって呼んでるから
重ねた理由を二人で埋める時
約束が交わされる


鏡なんだ 僕ら互いに
(複製されたルーク=鏡のようなもの?)
それぞれのカルマを 映す為の
汚れた手と手で 触り合って
形が解る

(剣を交える事で存在してる証を求めた)

ここに居るよ 確かに触れるよ
一人分の陽だまりに 僕らは居る

(父と母に2人共受け入れられた)

忘れないで いつだって呼んでるから 同じガラス玉の内側の方から
そうさ 必ず僕らは出会うだろう 沈めた理由に十字架を建てる時
約束は果たされる


僕らはひとつになる
(ラストシーン:死亡したアッシュの身体に消滅したルークの魂が宿った?)
【2009/12/10 01:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次ページ
プロフィール

Aruty

Author:Aruty
.:* My Character *:.
<瑞穂>
Aruje BTM
Alcyone 裁縫テイマー
Alvia 書写テイマーメイジ

<大和>
Aruty 弓ネクパラ
Alma PMテイマー
Maria Rose 高回避メイジ
Rom Four 白豚
M'a'ria 生産(資材収集)
N'o'el 生産(職人)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセス

ブログランキング

押してくれると嬉しいです!

FC2ブログランキング

カテゴリ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

コトコトのヒトコトNo403s

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。